宇宙との繋がりをひも解く独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS GWからのストレッサー解決と…急性胃腸炎の方への介入

<<   作成日時 : 2017/05/30 09:15   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは!

GWから
悩みに悩んだ?
監査が
先週無事終了いたしました!

お騒がせいたしました


詳細は
お伝えできませんが

五つの関門があり、
その中の
一つは致命的なミスで
七か月をさかのぼって書類の不備の手直しをいたしました。

その段取りを組むまでが苦悩とストレスまみれで、
段取りが組めれば
あとは
進むだけですから

時間との闘い
はあるものの

少しずつストレスは解消されていきました。


しかし
5名いるスタッフのうち
4名は連日残業。

わたしは
休日出勤もトータル5日間ほどしましたでしょうか。


なかなか
ハードな日々でした。


ところが

いいこと

というか

必然を感じることも多くありました。



まずはタイミング。


今までの間隔からすると
かなり早いスパンで当院にその順番が回ってきたのですが、

これが
あと数か月とか、一年遅かったら
もっと恐ろしいことになっていました。


そして

皆の仕事に対する考え方。


2年目や3年目のスタッフは
口で言ってもなかなかわからない
仕事上の必要な作業を
身をもって体感することになりましたし、
それが
全て共有される結果となりました。



さらに
チームワーク。


皆で相談し
段取りを組んで
役割分担をしながら進めなければ
完遂しない作業でしたので

いままで
全く取り組めなかった事象に
外部からの力で
やらざるを得ない状況に
持っていかれたこと。


そして

各人のポテンシャルの確認。


こんな頑張りができるんだね。



信頼関係を構築することができました。


この他にも
様々なつながりが実感でき、
まさに必然を感じた
三週間でした。


まぁ

冷静に考えてみれば

3分の2以上の

公費

つまり
税金と同じ部類のお金を
いただいて
運営しているわけで

我々も当然
そのお金で
おまんまをいただいているわけですからね。


書類、登録、施設基準など


不備なくやるのは
当然のことだな。




再確認した次第でございます。




結果。


五つの関門とも何のお咎(おとが)めもなく終了!!
というか
手直しした部分をみていただいてもいない。(笑)

自分たちの落ち度に気づき
必死こいて
対処したという
実績だけ残りました。


めでたしめでたし




さて


ご報告のついでに

ある

一例を。

こんな
タイトルをわたしが書く日が来たかぁ


感慨深い気も致します。


えっと


4月後半のある日
膝痛や腰痛で
外来対応している女性が
予約をキャンセルされまして


1週間後ご来院された際、
ちょうど
1週間ほど前に
急性胃腸炎で動けなかった。というのです。

抗生物質を三日間飲んで
寝込んでいた
とのことでしたので

野菜や
発酵食品をよく食べてくださいね。


アドバイス。



※抗生物質は
細菌を殺す役割がありますが
体内の良い菌も殺してしまう可能性があります。

そこで
良い細菌を含む発酵食品と
良い細菌の餌となる野菜をお勧めしたわけです。



その一週間後
また診させていただくと

今度は
全身に発疹ができて
かゆくて
不眠気味のため

膝や腰も
調子が悪い。

どこかいい皮膚科知りませんか?

というのです。


むむむ!?


よくよく
聞いてみると

この発疹は

3年ほど前から出現し

近隣の皮膚科で
抗生物質を処方され
かゆみが強い時など
定期的に飲んでいるとのこと。

ただ

あまり薬に頼りたくないし
抗生物質以外にいい薬無いんですか?

と尋ねても

それでいいよ。



言われるだけ。


ちょっと不信感もある
とのことでしたので

わたしの知っている皮膚科を二カ所ほどお勧めしました。



そして


抗生物質の功罪をお話ししたところ


そうだよねぇ

んん!?



3年前から全身性の発疹はあるものの
ここまでひどくなったのは
急性期胃腸炎が治ってきたのと同時!

しかも
急性胃腸炎の時の痛みとはまた別に
みぞおちから右腹部にかけて
鈍痛があり、睡眠中に気になることが以前からあり
うつ伏せになれば
収まるのでそう対処している。


というのです。



なんと!


腸内は
我々の免疫機能の70%を占め、
その保護は腸内細菌の善玉菌が担っています。

抗生物質で
腸内細菌が激減した場合
免疫機能が不全を起こし
あらゆるアレルギー疾患の引き金ともなり得るのです。



そんな説明をさせていただいたところ


え!?

タイミングがばっちりですね!


急性胃腸炎も
発疹が悪くなったのも
そのせいかも!



とおっしゃって、




なんだー
全身クリームを以前使ってたものじゃない
高価な良いもの?にしたんだけど

そいつが肌に合わずにいけないんだー

って
捨てちゃったけど
抗生物質のせいって可能性もあるわけぇえ?

と(笑)







お身体を診させていただいた後半も

腸付近に手が行くことが多く

圧痛もおありなのです。



そんなこんなで


宿題を出すことにいたしました。


この方
何しろお酒がお好き

料理に合わせて
ワインや日本酒を飲み分けるほどですが、


@
アルコールは
分解される過程で活性酸素を大量に発生し
組織の治癒を邪魔しますので
3日間禁止!


A
炭水化物も
糖質が悪玉菌の餌になりますし
過剰な糖質は代謝される中で糖化現象というドロドロ血の
誘因になり、その分解にまた大量の活性酸素を発生するので
出来る限り
少量に!

B
腸内環境を改善する善玉菌自体となる
植物性の発酵食品を
大量に摂取。

動物性の発酵食品は
その原材料の飼料自体が悪い可能性があります。




その他
新鮮な野菜や果物
良質なたんぱく質、
つまり組織修復に必要な栄養素ですね。
これらは普段から摂られている方なので
そのままで。

糖質制限をしても
カロリーが維持されていれば安心です。

以上三つの項目を

三日間徹底するようお伝えしました!



二週間後・・・・。



なんと
発疹はきれいに解消!

お腹の鈍痛もなくなり

快眠快便でストレスフリーの状態で
再会することになったのです!


新しい皮膚科にも行ってみて
お薬も変えてもらい、

なんと

牧草で放し飼いで飼われている
乳牛の
存在も調べて探し当てたそうです。


これは
国産で
質のいい肉や
いい製品だとしても

その牛や豚、魚が
食べている飼料が粗悪品(遺伝子組み換え穀物や
抗生物質が混入しているもの)であれば

組織を修復する時期には適切ではなく

自然の中で育った
生き物から
摂取することが望ましい

とお話をさせていただいた経緯がありました。




そんな話を周囲の人に
言っていたら
どこからか
放牧で育てている
羊を食用に譲りますよ
なんて
情報まで入ってきたそうです(笑)


さて


お薬を変えたことで
お酒や食事に注意を払ったことが
直接的な要因かは不明確になったしまった点はあったにしろ

三年間の苦悩は何だったの?

と思えるくらい改善し

非常に重要なきっかけになったと喜ばれていました。



腸は第二の脳

なんて
最近は言われていますが

腸の状態が
精神状態にも関与することは

科学的に証明されております。




そんな

部分に

介入できたのは

大変うれしく思います!



骨筋のみではなく、

運動力学のみではなく

全ての事象が繋がりをもって


人を生かしているのですね。




監査にしろ
この症例にしろ


様々な繋がりと必然を感じた
五月なのでありました。




以上


有り難う御座いました!!




先延ばししてきた


緊急報告ですが


アメブロちゃん

始める予定です。


とはいっても



PR用です。



個人的セミナーの問い合わせが

いくつか寄せられまして


何しろ
わたし
無名な人間ですからね。


どんな人間か

どんなコンテンツを
持っているのか

プロフィール紹介用です。


公に伝えたい内容は

今後

新しいブログに移行して


個人的な

つぶやきは

こちらに


という感じで


使い分けるかもしれません。


新ブログは
近日中にオープン予定です!


いえぇーい!


では



有り難う御座います!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GWからのストレッサー解決と…急性胃腸炎の方への介入 宇宙との繋がりをひも解く独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる