宇宙との繋がりをひも解く独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 妊婦さんへの介入(長文注意!)

<<   作成日時 : 2017/02/26 21:42   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ちわ〜っす!
いかがお過ごしでしょうか。

寒いながらも春が近いと感じる一日でした(^^♪


こちらのここ最近は

ロス在住(日本人)のメンターと再会したり、
ニューミッションの企画妄想したり、
二つ前の古巣が大荒れで、そちらに気をもんだり、
臨床に向き合ったり、
家族に向き合ったり、
地域の役員をあしらったり、
個人流セミナーの調整および実施をしたり、と

充実かつありがたい日々を送っています。

そう考えると
最近は
テレビをボケーっと観る時間はほぼ皆無になりました。

昨年10月にスマホにしてから、ちょっとしたゲームもインストールしましたが
やる時間がないので

う★こをするときだけやってます。

あ!唐突にすんません

でも
最近はうん☆も調子が良く
短時間に大量に出て終了するので
そんなにゆっくりゲームもできませんね。



さて

二つ前の古巣が大荒れ、
と書きました。

あまりにもタイムリーすぎて
まだ詳細はお伝えできないのですが
これがきっかけで
急きょ、本日行われるはずの勉強会および懇親会が中止になり、
どっぷり   丸一日フリーになりました。


朝から
発酵食品の仕込みと
朝食用保存食の仕込みを
すませ

地域の役員の書類業務を完遂しました。

この業務はうっかり忘れていたので
今日が休みでなければ非常にやばいことになってたでしょうから
逆に良かった事例であります。

その他
様々な野暮用を済ませ
今はひと段落しましたので

覚え書きとして
筆をとろうと思います。



今現在、二人目のお子を妊娠して9週目くらいでしょうか?

職場の同僚で、10年目になろうとしている
ママさんPTがいます。

第一印象はちょっと苦手な雰囲気でしたが、
今は…

その感性が好きですね。

似てるんですけど
違うんですよ。

この出会いに感謝ですね。

この方がいらっしゃらなければ
今の職場は相当退屈だったでしょうね。

二つの違う色が合わさって
まったく新しい色彩が産まれた。

まぁ
彼女はそうは思っていないかもしれませんが
そんな感じ。

意気投合!ってくらい仲が良い感じではなく、
一定の距離感があるからまたそれがいい感じです。


セラピストとして
多くのことを
彼女に学んでいます。


さて
その彼女とのことを今回綴(つづ)ろうと思いますが、
詳細な記憶は定かでないので、大まかな感じで行きますね。


ちなみに
妊婦さんに介入するのは
三回目になります。

一人目は
やはり職場の同僚で
骨盤ベルト?の巻き方など
パルペーションなどで判断し
アシストした程度です。

二人目の方は
妊娠中に事故にあい、
出産直前まで寄り添った方。


リハビリしてもらってるときは
お腹の子が動くんですよねぇ
きっとわかってるんだと思います〜。

と。


出産後落ち着いてからも
顔を出してくださり、
その時に会った
お子は
他人のような気がしませんでしたね。



過去二回の
延べ回数は数十回の
成功体験を

彼女に伝えてからの今回になります。



3週間ほど前に右の坐骨神経痛様症状で悩まれていたかと記憶しています。
仲間の女性セラピストにも、そのころ診てもらったらしく、
やっぱりあそこだね、とか胃からだね、
というお話しになったことはなんとなく聞いていました。

あそこだねってのはなんとも言えない表現ですが
あとあと聞いてみると右の卵巣周辺が硬い?のだそうです。
そして
今回の卵子は助産師さんからの話では、左から来たのだそうです。



そんななか

「今度家族で出かけるので、身体を診てください…」的な依頼を受けました。

この方は非常に感覚が繊細で
過去に何回か診させていただいたのですが

アプローチ中に
ここのここがまだおかしいとか
その感じだとここがこうで…
という訴えが結構ありまして


わたしが
共有できる以上に繊細なので

どちらかというと
あまり触れたくないのです・・・。

もちろん
非常に勉強にもなりますので
半分嬉しいのですが、
交感神経優位になって
コルチゾール分泌が盛んになるのは間違いないのであります。

まぁ
そうはいっても避けられないでしょうから
事前情報収集にリーディングすると
左右骨盤の後方が開き気味で、右の寛骨が前傾方向という感じでした。

そして実際触らせていただく時が来ました…

お話をして、確認すると、骨盤の不整は共有できた感じ。
パルペーションしていくと
腹部とか、足部とかリンクしています。

仰臥位になっていただくと
仙骨付近と右下肢に痛みを感じ
スムーズに膝が伸ばせないので
ポジショニングを調整します。
肩甲帯の下にタオルを入れ、右骨盤の下にもタオルを入れ、
膝窩にもバスタオルをまるめて作った枕を入れたりして
探します。

これが
最近は
直感的に出来てきたように思います。

不思議です。

その場の
空気感を読んで感じてる感じ…?


最初は恥骨から。
でも
妊婦ですし、異性ですし、部位も部位ですから
本人の両手でタッチしてもらい、その上から手を添えてリリースします。

このリリースで仙骨周辺の痛みは軽減

そこからは
右足関節にいったり、頭蓋に行ったり、腸腰筋に行ったり…
その場その場で
ここが痛い、ここに違和感、ここが引っ張られてる
などと訴えてくださるので
翻弄はされずに
その状況を把握し、悪化しないかだけ確認していきます。

翻弄されると
みるべきものを見失います。


徐々にリリースが進んでいくことで
それらの痛みや違和感も軽減していけば
OKということになります。

今回は
右足の不整が顕著でしたね。

捻挫の既往もあるとのことですが
どちらかは覚えていないとのことでした。

距骨の引き出し感を捉えると右が前方偏移。
仰臥位での足底からの軸圧も右が外旋、内反方向に抜けていってしまいます。
それを共有したのち
足趾の屈曲や、足部の内外反の筋収縮を確認すると
機能不全が見つかりました。

捻挫によって足部内外反に関わる筋肉には抑制がかかり、
ガストロなどは過剰に収縮するようになります。

すると
Mst〜Tstでの
下腿の前傾を制御する機能低下が惹起され、結果的に
下肢の前傾を制御する腸腰筋にまで波及します。

今回の見立ては
足部の不安定から腸腰筋の機能不全とタイトネスによって
右骨盤の動きも制限され
左右骨盤の不整と相対的な下腹部前方の硬さから
後方の骨盤が開いてしまったと推測されました。

胃や、お子
はどうですか?と聞かれましたが

今回は
感じなかった。とお答えしました。



セラピストが”フォーカス”するところというのは
アプローチにも反映されますので
なるべくフラットに
進めた結果です。

いくつかの可能性を考えて
そして
あえてそれらを排除してから…
ですから
これはなかなか意識的な整理が必要です。


胃や右の卵巣など…に関しては
腸腰筋膜などが関与していると推測しました。


セルフエクササイズとして
足関節の動きの左右差を感じてもらい
左を見本に右を促通してもらうよう坐位で行えるエクササイズを指導しました。



しばらくした後に
また
依頼を受けました。

以前よりは良いけれど
まだイマイチ。

もう家族とのお出かけが近いので
とのこと。

半分嬉しく、半分嫌々
承諾します。

二回目は
左頭頂部
胃→お子
右骨盤底筋
左頭頂、右腕

などを感じましたが
いずれも
初回とはうって変わって
感覚の世界です。

つまり
アライメントうんぬんではない
エネルギー的な・・・
素粒子、量子力学、電磁波、氣、波動
そういった世界観での
アプローチ展開でした。

お子に関しては
欲しているものが
柑橘系。

本人に聞くと
柑橘系食べたくて食べてます!
ただ
そんなに食べていいもんなのかと止めてしまっている。
とのことなので
欲している感じがあれば行っちゃってみてください!
とアドバイス。

その後
骨盤底筋は
間接的アプローチでしたが

伝えると
最近エクササイズで右が全く入らない。

とのことで
柑橘系と、骨盤底筋にしては
感じていることも共有できまして
「ジャスト!」とのお言葉もいただきました。


靴も今の状態でしたら
合う靴、合わない靴も選別できると提案し
日本のメーカーでお勧めなのをお伝えしたところ
早速購入し、
だいぶ調子がいいとのこと。

こう紐解いていきますと
外傷から来たアライメント偏移が
腹部、骨盤臓器に影響を及ぼしていったような気が否めません。


その翌々日。
お出かけの前日のお昼に
お話を伺うと骨盤底筋の入りがやはり悪く
坐骨神経痛は取れたが右骨盤前方の痛みがあるとのこと。

そんな流れで
「そっか、
前回 骨盤底筋に行きついたのであれば
収縮も入れて終わりにすればよかったですね!」

お伝えしたら…

夕方…
「骨盤底筋お願いします…」

三回目の依頼・・・

余計なことを言わなければよかった…


で3回目。

セルフエクササイズにつなげたかったので
自動運動から紐解いていきます。

これも事前にリーディングしてみると
右の横隔膜。
右側の腱中心に近い部分ですね。


実際触らせてもらうと
骨盤の偏移や姿勢は
初回より良くなっています。

仰臥位の膝立て位で
横隔膜の評価。

肋骨弓下方のふくらみをみます。
左右別に吸気に合わせてやってもらうと
そんなに左右差はありませんし、むしろ右は
プルプルと力みながら力強く膨らみます。

ここで
発想の転換です。

初めてやる評価がふと産まれました。

鎖骨下に手を置くと、
右の時は肋骨も挙上していることがわかりました。
この肋骨を抑制してしまうと一気に腹部がふくらませなくなります。

代償です。

これはご本人も驚いた様子でした。


側臥位になり
坐骨結節の後内側から指で圧し、骨盤底筋のふくらみを確認します。

この時、普段の骨盤底筋エクササイズを呼気、吸気
どちらで行うか尋ねました。
すると呼気だそうです。

呼気の場合、確かに腹圧が高まり、骨盤底筋の求心性収縮は
確認しやすくなりますが
どちらかというと全体的に硬く、丸まりやすい傾向になりますので
腹圧を高めながらも
意識的には腹部から腰部は頭尾側に離れていくように伸びていく必要があります。

吸気の場合は
横隔膜が下方に下がり、腹部臓器も下方に下がり、
それを受け止める骨盤底筋の遠心性収縮が重要になります。

妊娠した場合も子宮がどんどん大きくなるので
こちらのほうが重要かもしれません。


吸気を意識していただき、
その時に肋骨上端、胸郭出口付近にも手を置きながら…

すると
右はやはり肋骨が挙上してしまいます。

横隔膜の機能不全が
今まで見てきたように、他の部位の不整により惹起されることも
少なくないと思いますが、

今回は
その他の部位にリンクは感じなかったので
横隔膜自体の機能不全と判断し
促通を行いました。

吸気を行うと
まず
初めに肋骨の挙上が起こり
遅れて
骨盤底筋のふくらみを感じます。

これを
左を見本にして
何度か繰り返すことで
肋骨の挙上が抑制され吸気と骨盤底筋のふくらみがリンクしてきます。


ポイントとしては

足部のエクササイズも共通ですが、

目的とする動きをゴールにすると
力んでしまいます。

健側があれば
そちらと同じ意識でできるよう
お教えすることがミソになります。

同じ意識でやると
代償の抑制も働き
上手に
出来なくなりますので

ここを
導き出すのが
重要です。




その後、
確認のため起き上がっていただくと・・・
うん
まだ今一つ・・・


頭とか、腕とか
診まして…

最終的に
右頭頂骨と後頭骨の間、右上部のラムダ縫合に・・・

イメージとしては
後頭骨側の帽状腱膜を右頭頂骨側に押し込むようにすると
落ち着く感じです(笑)

もう
意味不明ですね…

いや


推測としては
帽状腱膜と硬膜は繋がりがあり、
硬膜は神経をつつむ膜として
全身に繋がりますので
そこに影響を及ぼしていると考えます。

つまり
帽状腱膜を押し込むようにした結果
硬膜が緩むのであれば、
全身の骨格系が緩むということになります。



その他のスタッフも見学に入っていたので、
身体で体感してもらいました。




終了後お話しすると、

髪の毛の量が多く、結び方も苦心されており、
同じ結び方では頭皮?が疲れてしまい長時間過ごせないとのことでした。

ほどいたとしても
湯上りなどは右方向?どちらかに髪の流れが偏っており、それが
今回の偏移と一致している可能性も示唆されました。



歩いていただくと

「あぁ、普通に歩けるぅ」

といただきました。

その後
彼女は
三日間の連休を取り、
家族三人(四人)で水入らずの
旅行を楽しんだのですが、
三日目の午後までは無事に過ごせたとのことでした。

はい!

如何でしょうか。


でね!

今回
感じたことは…

テクニカルなことではなく…

その

在りかた。

この介入の在りかたって

時間とか
お金ではなく、

人と人が
その後の
TPOに合わせて結果をすり合わせていく作業。

ちなみに
TPOとは Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語

つまり
限りなく
パーソナルトレーナー。


1単位20分で
1900円

とかではなく、

自分がやりたいこと、は、

その人がどうなりたくて、
どうして、そうなってしまって、
どうすれば、なりたい状態になれるのか

それを
一緒に紐解いていく作業。


あ!

でも
今回気づいたことがもうひとつ。

やっぱり
ラポールが大切。

信頼関係あっての経緯ですから、
やはり
通常の認知レベルの人に対しては



ソフト、ハードともに

準備段階が
大切なんだと思います。


…。











毎回同じ時間でも内容でも無くて
毎回違って
かつ
結果的に
その身体を紐解いていけるような。

これですよ。


ゴール設定をして
プログラムは内容に合わせて柔軟に変えていく。

まぁ
文章化すると
当たり前の
基本なんですが、

普段の



業務


として


機能させる中で


これらに柔軟に対応するのは
なかなか
難しいと思います。



逆にそれをやっていければ
この業界の未来はもっと明るいのかもしれませんが、

ハードの改革に
相当
労力を必要とするわけで

だったら・・・



というのが

昨今の流れでしょう・・・。







ね。


セラピストとして
やりたいこと。

それが
少し
明確になりました。

彼女は
そんなヒントを
くれる人です。




長くなりました!





有り難う御座います!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妊婦さんへの介入(長文注意!) 宇宙との繋がりをひも解く独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる